トレッキングコースのご案内 | 信夫山ガイドセンター
トレッキングコースのご紹介  ~ わらじいのお奨めコース ~
わらじいお奨めの4コース
 本格的にトレッキングを楽しみたい方は、こちらがお奨め!
 信夫山の麓、噴水広場からスタートです。
推奨コース1 『信夫山の奇岩探索』
    ~ 伝説の48石をめぐる道! ~
 信夫山はすばらしい展望とともに、謎めいた遺跡が沢山残されている里山です。信夫山48石もその一つで、昔は、信夫山に登る人はみんな知っていて、敬ったり怖れたりして大切に守ってきました。
 いまは、道路整備や開発で多くの石が失われていますが、まだ、半分以上は残っています。信夫山の楽しさは、そうした伝説の史跡がいまも数多く残っていて、実際に見て触れられることです。普段とはちょっと変わった、霊石を訪ねるハイキングに挑戦してみましょう。
■ 距離:約2km 所要時間:約2時間30分
■ コース:
・信夫山噴水広場(スタート)
→護国神社 →遍照院 →たんたら清水 →びっき石 →小金山公園
 →ばくちむろ →屏風岩 →第2展望台 →甘粕の碑 →ゆず畑
 →(休憩:信夫山ガイドセンター) →護国神社
  → 信夫山噴水公園(ゴール)
※ 詳細マップはコチラ
推奨コース2 『西部大展望と史跡巡り』
    ~ 絶景の烏ケ崎と山伏修験の道! ~
 信夫山は盆地の中の孤立丘なので、360度の展望があります。特に、信夫山西端の「烏ケ崎(からすがさき)」は、JR福島駅の駅長さんも絶賛するビューポイント。眼前に吾妻連峰と安達太良連峰の雄大な眺めが広がり、福島市の大西部が一望できる絶景ポイントとなっています。
 また、南に目を転じると新幹線福島駅が眼下にあり、福島市の中心市街地をジオラマのように見渡すことができます。福島市民なら、みんなに自慢したい展望ポイントですね。
 ちょっと険しい修験道ですが、北部を眺望する「薬師の峰展望デッキ」もぜひ回ってみましょう。史跡も沢山ありますよ。
■ 距離:約3km 所要時間:約3時間
■ コース:
・信夫山噴水広場(スタート)
→護国神社 →第1展望台 →五つ石 →薬師の峰展望デッキ
→羽山駆け道 →湯殿山 →烏ケ崎 →月山・座禅石 →護国神社
  → 信夫山噴水公園(ゴール)
※ 詳細マップはコチラ
推奨コース3 『旧参道を登る』
    ~ 大わらじのルーツを訪ねる道! ~
 信夫山墓地を登ると、道は二つに分かれ、左は第1展望台へ、右は羽黒神社方面へと分かれますが、その真ん中にもう一つ、車では登れない急坂があります。それこそが、御神坂(おみさか)と呼ばれる羽黒神社への旧正参道で、昔は大わらじはこの道を担ぎあげられていたのでした。
 急坂を登っていくと、羽黒神社の赤鳥居が出迎えてくれますが、、その一帯は江戸時代の雰囲気が色濃く残り、「念仏橋の碑」、謎めいた「六供(ろっく)の小宮」、「ねこ稲荷」などさまざまな史跡が連なり、ついには頂上の羽黒神社と大わらじに至ります。
 子ども達と、ぜひ、一度は登ってみましょう!
■ 距離:約2km 所要時間:約2時間30分
■ コース:
・信夫山噴水広場(スタート)
→護国神社 →信夫山墓地 →舟繋ぎ松跡 →御神坂 →鳥居平
→赤鳥居 →羽黒観音 →ねこ稲荷 →石燈籠 →大日如来 →仁王坂
→名月の碑 →羽黒神社 →大わらじ →北坂 →第2展望台
→甘粕の碑 →ゆず畑 →(休憩:信夫山ガイドセンター)→護国神社
  → 信夫山噴水公園(ゴール)
※ 詳細マップはコチラ
推奨コース4 『信夫山東部トレッキング』
    ~ 巨岩と大展望、縦走気分満点の道! ~
 信夫山は小さな山ですが、縦走してみると山岳トレッキングのかなり厳しいコースとなります。特に東部の峰々は、昔の山伏の修験道で、急勾配が続き、巨岩が立ちはだかる急坂が連続しますので、きちんとした山装備で行きましょう。
 そのかわり、ご褒美は、福島市北部から伊達一円の大眺望を楽しめる立石山や信夫山の北側をめぐる道の眺めが珍しく、さらにテングラ岩を始めとする伝説の大岩との出会いが楽しめる冒険コースです。
 お昼は、競馬場を眼下に見下ろす第2展望台でゆっくりと休憩を取りましょう。
 中級以上の自信のある方にお勧めしたいコースです。
■ 距離:約6km 所要時間:約6時間
■ コース:
・信夫山噴水広場(スタート)
→護国神社 →御神坂 →羽黒神社 →熊野山 →立石山 →古峰神社
→一周道路 →テングラ岩 →第2展望台 →小金山公園 →びっき石
→たんたら清水 →遍照院 →護国神社
  → 信夫山噴水公園(ゴール)
※ 詳細マップはコチラ
※ このコースは長時間となりますので、昼食を持参して第2展望台での
  休憩がお奨めです。
トレッキングを楽しむ!
 ※ 拡大表示します
トレッキングの前に水分補給の準備をしましょう。信夫山のトイレの場所を確認しておきましょう。(トイレの場所はこちらで確認)  また、ゴミは持ち帰るようにしましょう。信夫山の環境美化にご協力をお願いします!。
信 夫 山 の 歩 き 方
信夫山は小さな里山ですが、急坂が多いので要注意。足元は初級コースでもスニーカー以上、中級コースなら登山靴(トレッキングシューズ)が安全です。中高年の方はストックがあると上り下りが楽です。飲料水は必ず携帯をしてください。
山歩きは日光や雑木から肌を守るために、夏でも長袖が基本です。大切なことはトイレの場所を確認しておくこと、特に女性の場合は清潔な水洗トイレの場所など、ガイドに確かめておきましょう
※トイレ等、信夫山の施設はこちらからご確認ください。  
公認信夫山ガイドを紹介します
福島市観光コンベンション協会公認の知識豊富な信夫山ガイドが、信夫山をわかりやすく解説しながら歩きます。
ガイドをご希望の方は、ガイドセンターまでお問合せください。
・受  付: 7日前まで。
・最少人数: 5人以上
・料  金: 1人 600円